わきがにデオドラント剤

わきがにデオドラント剤が効果的ですが、これはわきがを予防したり、治療をするというよりも、わきが特有の臭いを予防してくれます。

わきがに効果のあるデオドラント剤は、色々と販売されていますし、市販されているデオドラント剤は、一般の人も利用していますよね。

わきがの人だけがデオドラント剤を利用するというわけではないと思うのですが、わきがの人もデオドラント剤をやることによって、わきがの臭いを抑えることが出来ます。

わきがの臭いの原因は脇の部分からでるアポクリン汗腺が原因でわきがになるといわれているのですが、このわきが特有の臭いがデオドラント剤によって軽減されます。

わきが特有の臭いというのは、皮膚の表面に雑菌がついてしまったために、わきが特有の臭いが発生します。

デオドラント剤だけをかけるのではなくて、わきがの人は、もっと効果を持続するためにも、清潔にしてからわきがの部分にデオドラント剤を使うと効果的です。

デオドラント剤は無臭のものも販売されていますから、わきがの人がデオドラント剤を使用する場合には、出来れば香りがつかないタイプのものでわきがの臭いを抑えるようにしたほうがいいでしょう。

わきがの臭いの上に香りを重ねるのでは逆効果になる場合がありますから出来れば無香料のものを選びましょう。

わきが手術が出来ない場合

わきがの手術というのは誰でも受けられるということではありません。

わきがの手術は、今かかっている病気や、体の体質によってはわきがの手術をすることが出来ない場合もあるそうです。

血友病の人がわきがの手術を行う場合には、外科手術をするわけですが、わきが手術自体がとても大変な手術になるといわれています。

また、高血圧の人や心臓に何か病気を抱えている人というのも、わきがの手術をすることが出来ない人もいるそうです。

他にも、わきがの手術を受けることが出来ない人というのは、糖尿病の治療をしている人も余りおすすめできないそうです。

わきがの手術を受ける場合には、まず自分が今患っている病気がないかどうかカウンセリングで聞かれると思いますし、聞かれなくても自己申告しましょう。

治療や飲んでいる薬によってはわきが手術が出来ないこともよくあるようです。

また、わきが手術は必ずしもわきがが治るというものではないようです。

誰でも100パーセントわきがが完治するかどうかは症状によって違いますし、わきが手術によって破壊した汗腺がまれに、再生するということもあるそうです。

ですから個人差があってわきがの手術が誰でも完治するというものではありません。
タグ:わきが手術

わきがは何歳から起きるか?

わきががいつから起きるのかについてですが、わきがというのはアポクリン汗が関係しています。

わきがの原因になっているアポクリン汗は、ホルモンと密接な関係があるといわれています。

ホルモンといっても特に性ホルモンと、わきがの原因になっているアポクリン汗腺が関係あるといわれています。

ですから性的に体が発達してくると、それと同時に、アポクリン汗腺が活性化されますから、わきががここではじまるとも言われています。

女性の場合は、女性ホルモンが発達して、生理が始まるころからわきがの症状もあらわれやすいといわれています。

男性の場合には男性ホルモンが発達してきて、ひげが生え始めて、声変わりする頃からわきがになりやすいといわれています。

わきがは何歳からということは具体的にはいえないのですが、人によってそれぞれですが、ホルモンが活発に働き始める頃から、わきがの症状も出始めるといわれています。

ですから思春期の頃からわきがになりやすいといってもいいのではないでしょうか。

逆に、わきががいつ頃まで続くのかについてですが、わきがは思春期特有の一過性の場合もあれば、わきががそのまま大人になっても続く場合もあって、こればっかりはわからないのです。

女性の場合は女性ホルモンの分泌が減少する更年期の時期にはわきがの症状が抑えられるとも言われています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。