わきがの間違った改善法

わきがの間違った改善方法やわきが特有の臭いを抑える方法がありますから、この間違いを紹介したいと思います。

わきがは汗をかくから臭いがするといってわきがの原因になっている汗の量を減らすというのはあまりいい方法ではありません。

制汗剤を使ってみたり、小まめに汗をふいたりして汗が出るのを少なくするという方法がありますが、一日に何度も出来ることではないので、あまりわきがの治療としてはいいとは言えないと思います。

そしてわきがの特有の臭いがこもらないようにするとして、脱毛をしたりする人が居ますが、わきがの症状が軽い人にはこの方法はいいかもしれませんが、わきがの重症の人には、あまり効果的でなく、脱毛で汗がもっと出てしまうことがあります。

そして一番間違ったわきがの改善方法ですが、香りをつけるというわきがの改善方法です。

わきがの特有の臭いを抑えようとおもって、香水をつけたりオーデコロンをつけたりする人がいますが、この方法はわきが特有のにおいを余計強烈にしてしまう可能性があります。

ですからわきがの人はあまり香水をつけたりオーデコロンをつけたりするというのはあまりやらないほうがいいでしょう。

わきがと多汗症の違い

わきがと多汗症のちがいについて確認しておきましょう。

わきがというのはアポクリン汗腺から出ている汗がわきの皮膚の表面にある細菌が原因になって分解されてわきが特有の臭いを発生させてしまいます。

これがわきがの症状です。

それに比べて多汗症の方は、わきがの原因になっているアポクリン汗腺ではなくてエクリン汗腺の方から出ている汗の事です。

わきがの原因になっているアポクリン汗腺とは違っていて脇に限らず手や足、顔などにも汗が出るといいます。

そしてその汗が大量に出てしまうことを、多汗症と言われています。

わきがと多汗症では汗が出てくる汗腺が根本的に違っていますし、症状も違っていることがわかりました。

わきがの人は、多汗症も併発していることがよくあるといわれています。

わきがの人は多汗症の症状も一緒に合わせて発症している人もいますからその場合はとにかく汗がわきだけでなく体中から沢山出てしまう上に、脇からはわきが特有の臭いがしますから、わきがだけの人、多汗症だけの人に比べると少し厄介になっていると思います。

わきがと多汗症は症状は違ってはいますが、共通した症状があらわれるとも言われています。

わきがの人や多汗症の人は体臭がきついとも言われていますから清潔を心がけて出来るだけ臭いを抑える必要があります。

わきがと耳垢について

わきがと耳垢について紹介したいと思います。

わきがの自己診断をする際によく耳垢のチェックをすることもあるようです。

耳垢のチェックでわきがかどうかわかるといわれています。

これはなぜなのかというと、わきがの人はほとんどの場合が耳垢が乾いていないで湿っているといわれています。

耳にある外耳道にはわきがの原因の一つといわれているエポクリン汗腺しかないといわれています。

ですから耳垢がしめっているというのは、このエポクリン汗腺が原因で湿ってしまっているといわれています。

エポクリン汗腺はわきがの元になっているといわれていて、わきがの脇以外にも、乳輪や陰部、耳などにもあるといわれています。

このエポクリン汗腺やわきがに直接関係しているといわれているアポクリン腺によって耳垢が湿ってしまいます。

耳垢がしめっているということは、汗腺が活発であるということですから、わきがの原因になっている汗腺も活発になっているのではないかと言われています。

ですから耳垢が湿っている人はわきがだという結果になっています。

自分でわきがかどうか確認するときには、自分の耳垢をチェックしてみるといいと思います。

わきがを自己診断する参考に耳垢がチェック項目のひとつとして挙げられます。
"


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。