わきがにボトックス注射

わきがの治療の方法は色々ありますが、そのなかにボトックス注射という治療方法があります。

わきがというのは、アポクリン汗腺から汗が分泌されてその汗に雑菌が増殖してわきがの臭いの原因になって特有のわきがの臭いを発生させます。

このわきがの時に発生する汗は、脳からの指令によて分泌されているので、興奮したり、緊張すると、この汗が出るようになっています。

わきが治療のボトックス注射では、脳の神経を使って、わきがの治療をします。

神経のボツリヌス菌をボトックス注射によって麻痺させることで、汗を抑える働きをします。

わきがの治療には他にも、レーザー治療がありますが、レーザー治療をこのわきがの治療であるボトックス注射と組み合わせることで、相乗効果によってわきがを治療することが出来ます。

従来のわきがの治療というのは、手術を行うと、メスを使って切開するということが多かったのですが、このわきが治療のボトックス注射なら、メスを使うことなくわきがの治療をすることが出来ます。

メスでの治療に抵抗があった人もで安心してわきが治療を受けることが出来るようになりました。

わきが治療のボトックス注射はその日のうちにシャワーをしてもいいですし、外科の手術と違って術後のケアも心配なく受けることが出来ます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。